ギャンブルで儲かっている方が少ないように、株式投資の世界でも成功している個人投資家の数は、全体の半分以下だと言われています。確かに、周りに株で得をしたと言っている方は見掛けませんし、株式投資はどうしても損をするイメージが強いように思われます。それでは、本当に株って、損をするものなのでしょうか。答えは簡単です。損をする場合もありますが、収益を得るチャンスも同じぐらいの確率であるのです。株で損をしていると言っている方の話を聞くと、「出来高が多いから安心だと思って買ってみた」、「興味があったから買ってみた」、「思わぬ収入があったからとりあえず買ってみた」等、株式投資の基本をしっかりとおさえていないで購入された方が多いようです。それでは、株で損をしても文句は言えませんよね。せめて株を購入する場合には、過去のチャートを調べ、現在のその企業の状況を調べて、さらに世界の経済状況や政治情勢まで頭に入れて売買するのが基本です。今が買いのチャンスなのか、今が売りのチャンスなのか、チャートをよく見て研究して、何度か売買を行って経験を重ねるうちに、そのパターンがおのずと判るようになってきます。そうして経験を積む事で、株によって損をするリスクは小さくなっていくでしょう。株は、必ずしも損をするものではなく、どのタイミングでも、利益を出す事も損を出す事も出来る投資なのだと理解して下さい。